Webサイトデザインパック|小規模事業者向けの低価格なWebサイト制作サービス

ドメインとはなんですか?

ドメインは表札みたいなもの

ドメインはWebサイト(ホームページ)のアドレスの一種でWebサイトの固有名詞のようなものです。http://example.comのような文字列(URL)で表されます。
誰かの家を訪ねるときに東経何度、北緯何度みたいな表現でたどり着く事もできますが、「どこどこの○○さんの家」と言ったほうがわかりやすいですよね?
Webサイトも「200.111.000.xxx」みたいなように、数字の羅列でもたどり着く事が可能ですが、覚えにくかったり認識しにくいですよね。
わかりやすい形でアクセスしやすくするものとも言えます。
ドメインは屋号や表札みたいなもので、検索時する際にも影響します。

ドメインの種類や取得条件について

ドメインには「.com」や「.net」、「.co.jp」など様々な種類があります。気軽に誰でも取れるものもあれば、法人登記していないととれないもの、特定の団体などにしか取れないものなどがあります。取得しやすいものは「.com」や「.net」です。当サービスで利用できるのは基本的に「.com」「.net」となります。

サブドメインとサブディレクトリについて

ドメイン名の前に「.(ドット)」がついた文字列があるようなものをサブドメインと呼びます。
例: http://hoge.example.com
サブドメインは元の「example.com」というドメインと関連するものですよという意味があります。

サブディレクトリは階層を表します。
例: http://example.com/blog/
これはPCなどで使われるフォルダの階層などと同じように考えるとわかりやすいです。
「ハードディスク」の中の「書類」というフォルダの中に「打ち合わせ.text」という書類があった場合、下記のように表せます。
PCの方はこのような文字列を見た事があると思います。
HD/書類/打ち合わせ.text

階層構造ディレクトリという言葉で表します。ドメイン名の中にあるデータのあるフォルダをサブディレクトリと言います。

オリジナルドメインの重要性

例えば、ライブドアブログの個人ページのアドレスは下記のようになります。

例: http://blog.livedoor.jp/hogehoge

これはライブドアの中のブログサービス(サブドメイン)の中の「hogehoge」というユーザーのブログですよと理解できます。
ブログを書いている集団の中の一人という表現とも取れます。
これに対して、独自ドメインの場合は「http://example.com」となります。
これはそのドメインの所有者のみというとらえ方も出来るため、検索エンジンなどは独自ドメインを優先的に評価します。
(取得に費用がかかったり、唯一無二の名前で活動しているというところなどが影響しているのだと考えます。)

Webサイトを持つ場合はオリジナルドメインが良いというのはこのような事が関係しています。